坐禅体験

坐禅は、姿勢を正して坐り、静かに精神を統一します。禅宗における、基本の修行法の一つです。似たような形に瞑想がありますが、坐禅と瞑想は少し違います。姿勢を正すのは同じですが、坐禅では、目は閉じることなく半眼のままで、心を何かに集中させるのではなく、心の状態は常に「無」であるようにします。坐禅に目的はなく、ひたすら坐る、曹洞宗ではこれを「只管打坐(しかんたざ)」と言います。